MENU

BLOG

Please reload

ARCHIVE

Please reload

SNS

  • 株式会社 NEXT WORKS | ​鹿児島奄美の不動産管理:賃貸ビル・
  • 株式会社 NEXT WORKS | ​鹿児島奄美の不動産管理:賃貸ビル・
  • 株式会社 NEXT WORKS | ​鹿児島奄美の不動産管理:賃貸ビル・

鹿児島市 奄美市の不動産会社

〒894-0021 鹿児島県奄美市名瀬伊津部町11-13-1F

TEL 0997-69-3828
FAX 0997-52-5629
E-mail info@amami-nextworks.com
営業時間 AM10:00~PM6:30
定休日 日曜日(シーズンにより異なる)
免許番号 鹿児島県知事(2)第5792号

Homepage Designed by TLWorks

© 株式会社 NEXT WORKS, All Rights Reserved.

奄美大島に移住!奄美の不動産会社で部屋探し・内見する時のチェックすべきポイントや注意点

2018/03/27

こんにちは!
奄美大島の不動産会社『株式会社NEXTWORKS・奄美NEXT不動産』です。

 

今や奄美大島は、関東・関西からLCCを使うと格安で来れる南の島です。
鹿児島県といえど、離島なので本土とは繋がっていませんし、奄美大島は日本で5番目に大きな島なのです。
自然豊かなこの奄美大島で、快適な暮らしをするにはお部屋探しが重要です。

 

今回は、不動産会社での部屋探しのチェックポイントや注意点、また奄美大島という離島ならではの事情、などをご紹介します。

【不動産会社で賃貸物件を探すときの基礎知識】

賃貸契約が初めてという方にも分かるように、まずは不動産会社で部屋探しをするときの基礎知識をご紹介します。

 

■不動産会社で良く目にする「敷金・礼金」って何?!
不動産会社で、部屋探しをしていると「敷金・礼金」という文字が目につきます。
賃貸で部屋を借りるには、必ず初期費用がかかります。敷金と礼金もその一つになりますが、それぞれ意味合いが違います。

 

・敷金とは?
家賃などの債務の担保として預けておく保証金のようなお金です。
また、部屋から退去する時に、生活で出来た傷などを直す費用として入居前にあらかじめ支払うお金です。基本的には、回復にかかった費用が差し引かれたお金が戻ってきます。家賃1ヶ月分~2か月分が相場です。

 

・礼金とは?
昔からある習慣で、部屋を所有している大家さんにお礼の意味として支払うお金です。敷金と違い退去時の返金はありません。家賃1ヶ月分~2か月分が相場ですが、近頃では礼金0円の物件も増えています。

 


部屋探しから引っ越しまでの流れ
部屋探しには、各々の条件があります。部屋探しから引っ越しまでの大まかな流れをご説明します。

 

①住みたい部屋の条件を決める
家賃の目安、勤務先や学校などのエリア、広さや間取り、部屋の向きや階段エレベーターがあるのか、など自分の条件を整理し、優先順位をしっかりと決める必要があります。

 

②希望条件から物件を検索する
事前にインターネットで情報検索がおすすめです。いくつか気になる物件をピックアップしてみましょう。検索することで家賃の相場観が掴めたり、条件の追加や妥協を検討することが出来ます。

 

③不動産会社に問い合わせる
気になった物件があったら、不動産会社に電話、メールで問い合わせしましょう。

 

④物件の見学に行く
実際に気になった物件の内見に行きましょう。室内から建物全体、周辺の環境など確認すべきポイントがたくさんあります。詳しくは次の項でご紹介します。

 

⑤申し込み、契約する
お気に入りの部屋を見つけることが出来たら、不動産会社で申し込み、契約します。契約書には重要な事が記載されているので、しっかりと目を通し、分からないことがあれば全て確認しましょう。

 

⑥引っ越しの準備をする
契約を済ませたら、引っ越しになります。

【物件の内見に行った時にチェックすべきポイントと注意点】

内見とは、建物の内部見学の略で、図面などで気に入った物件を実際に自分の目で見に行くということです。
基本的に、内見出来る物件数は移動などを考えても1日でおおよそ3〜4件が限度になります。

 

物件の内見に必要な持ち物
・スマートフォン(メモ、カメラ機能、方位磁石機能)
・メジャー
・図面

最近はスマートフォンがあれば、メモすることもカメラを撮ること、方位磁石も用意が出来ます。メジャーは家具家電が入るのかチェックのためにも必須アイテムです。実際の部屋と見比べるための図面も持っていきましょう。


物件の内見で注意するべきポイント

◆不動産会社の担当さんが信用出来る人なのか
内見で担当してくれた不動産会社の人が親身になって相談に乗ってくれそうな人なのか、しっかりオーナーさんと連携が取れているのかなど注意しましょう。

 

◆共有部分(エレベーターや廊下、ゴミ捨て場)が綺麗なのか
管理が行き届いているのかによって、気持ちよく入居し生活出来るかが決まるのでしっかりチェックしましょう。

 

◆壁の厚さや防音性はどのくらいなのか
入居後の快適な生活のためには、一番気になる部分になります。隣人の生活音や上の住居人の足音、また周辺の音などの環境は確認必須です。壁にどんな素材を使っているのかを確認するのと同時に、実際に壁に耳をつけて色んな音を自身で確認してみましょう。また、建築構造も木造建築よりも鉄筋コンクリートの方が防音性に優れているのでおすすめです。

 

◆築年数はどのくらいなのか
奄美大島は台風が多く、海からの湿気った風が建物に影響を与えます。そして築年数は家賃相場と密接な関係があります。内見に行った際には建物の外観、エントランス、建物のきしみ具合、水回りの清潔感(蛇口やゴムパッキンのカビ)など、きちんと確認することをおすすめします。

 

◆部屋への日当たりはいいか
せっかく南の島奄美に移住したのに、太陽が当たらない部屋は避けたいものです。
図面だけでは確認が出来ないので、内見に行き部屋の向きを確認しつつ、周辺に日光を遮断するような建物がないか確認しましょう。

 

◆部屋の中や周辺の臭いは気にならないか
生活臭やタバコの臭いなどが残っていないかは気になるところです。時間が経つとなくなりますが、不快な臭いがする場合は不動産会社に原因を聞きましょう。

 

◆家具家電が置けるかどうか
メジャーを用いて、冷蔵庫や洗濯機などが置けるのか、しっかり寸法を図りましょう。またコンセントの数や場所もチェックするのも大切です。

 

◆お風呂やトイレの水回り、給湯器の使い勝手はどうか
築年数が古い物件の場合、カチカチと回す旧式の給湯器も珍しくありません。実際に問題なく使えそうかをチェックしましょう。奄美の物件のトイレは和式が多いので、洋式にこだわりたい方は入居後に簡易設置洋式トイレを自身で設置するのも一つの方法です。

 

◆ネット回線、通信環境が悪くないか
以前もご紹介しましたが、奄美大島はインターネット回線を申し込んでから開通まで約1ヶ月程かかります。通信環境については不動産会社に確認する必要があります。

 

◆ブレーカーの電圧が足りているか
一人暮らしだと30Aあれば十分です。キッチンがIHの場合30Aでは足りない可能性があります。

 

◆ドアや窓がスムーズに動くか
サッシが古く開けにくかったりドアのたてつけが悪いこともあります。またクローゼットや押入れなども同様です。またこの時に、自分の荷物が収まるかどうか収納スペースを確認もしておきましょう。

 

◆壁紙や床、フローリングに汚れや傷がないか
意外と汚れや傷が残っていることもあります。壁紙交換は比較的対応してくれることが多いですが、気になる汚れなどがある場合は交換可能なのかその場で確認してみるといいでしょう。

 

◆ベランダが安全かどうか
ベランダ近くに足場になるようなものがないか、また人目につかない場所に面していないかなども確認しましょう。

 

◆耐震強度が十分かどうか
一般的に住宅性能表示制度の等級の2以上であることが望ましいです。奄美大島は地震が起きやすい場所なので、不動産会社に事前に確認をしておきましょう。

 

奄美では賃貸物件数も都会に比べ少ないので、理想の条件を全てクリアする物件はなかなか見当たらないかと思いますので、ある程度条件を妥協しながら総合的に判断される事をお勧めします。

【賃貸物件では部屋の設備修繕についてもチェックしておこう!】

賃貸物件の修繕義務は、法律では賃貸人(大家さん)が修繕をなす義務を負うと定められています。ですが、どの範囲まで大家さんに修繕義務があるのかは明確にはなっていません。

物件に備え付けされている設備でも、もちろん老朽化や故障ではなく、不注意で壊してしまった場合については、実費で費用負担しなければいけません。

 

賃貸物件の備え付け設備が古くなって故障した場合は、通常であれば大家さんの費用負担で修理することになります。
ガスコンロやエアコン、給湯器やトイレ、洗面台やキッチンなど、大家さんが設置したものであれば、契約書に「室内付帯の設備」として明記されています。契約書に何も書かれていない場合は契約前の「重要事項説明書」をしっかりと確認しましょう。

【部屋探しには、物件の近隣エリアの状況を把握しておこう!】

部屋の内見も重要ですが、気に入った物件の近隣エリアの確認も必須です。
特に奄美大島では、市街地には銀行や郵便局、スーパーやコンビニが集中しています。ですが、市街地から少し離れると車がないと不便になることもあります。

現在、奄美大島には大手コンビニはファミリーマートしかありませんが、地元密着のコンビニ(商店)はいくつかあります。どこにどんなスーパーやコンビニ、ドラッグストア等があるのかはしっかりと把握しておく必要があります。

 

■奄美大島の銀行や信用組合
・鹿児島銀行
・南日本銀行
・労働金庫
・奄美大島信用金庫
・奄美信用組合


■奄美大島にあるスーパーやドラッグストア
・タイヨー
・ビックツー
・グリーンストア
・イオン
・DAIWA(だいわ)
・Aコープ
・ニシムタ
・マツモトキヨシ
・ドラッグイレブン


奄美大島は広いのでそれぞれ幅広い地域に分かれています。
住む地域によっても車や自転車が必要になる可能性があるので事前に確認が必要です。

奄美大島に移住するにあたって、全く知らない土地での部屋探しには不安がつきものです。お気に入りの部屋を見つけることで、快適な島生活が出来ることでしょう。

奄美大島での部屋探しには、様々なコツやポイントがありますので、奄美大島に遊びに来られた際は色々な不動産会社を回ってみましょう。

 

また、奄美の物件は保証人が島の人でないと契約出来ない事も多々ありますが、奄美NEXT不動産では大家さんにしっかりとご説明と交渉を行い、奄美への移住をサポート致します。

 

お部屋が決まった後は、無料で軽トラックの貸出も行っておりますので、用途に合わせてご自由にお使いいただけます。

 

もちろん移住前の宿泊先は『GOLDEN MILE HOSTEL』をご利用いただけます^^


GOLDEN MILE HOSTELはこちら

Facebookでシェアする
Twitterでツイートする
Please reload